アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


二日酔いによる頭痛が起こるメカニズムとは?

二日酔いの頭痛とは

お酒は飲むことで気分が高揚するなどの様々な恩恵を得られると同時に翌日の二日酔いに対する不安があるのも事実でしょう。

 

会社勤めの方にとっては仕事上の関係でも飲むことは多いですから、お酒が原因と言われている頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

このような症状に対応していくためにも二日酔いで起こる頭痛のメカニズムについてご紹介させていただきたいと思います。

 

簡単にご説明しますと二日酔いは翌日にアルコールが残っている場合に起こることがわかっていますね。

 

これは何故かと言うと通常アルコールは体内に取り込まれると肝臓で分解処理をされて、尿などで体外に排出されます。

 

しかしながら、肝臓で処理しきれないほどの量を取り込んでしまうと当然の事ですが、分解が追い付きません。

 

残念ながらアルコールは自然に消えるわけではないので、分解されないと翌日まで残ってしまうと言うわけですね。

 

アルコールには血管を大きくして周囲の神経を刺激する作用があって、それが頭痛の一因であるとされ、一般的に偏頭痛と呼ばれる状態になることが確認されています。

 

より正確にはアルコールを分解した後に残るアセトアルデヒドという成分が持つ強い毒性がこの現象を引き起こすのですが、こうしたメカニズムを一度に覚えようとするよりも「アルコールが翌日に残ることで二日酔いが起こる」という点を押さえておけば十分でしょう。

 

その他にも脱水症状による頭痛も存在していて、先程、尿などで体外に排出できれば良いという話をしましたが、体外に水分を排出することは同時に体内の水分不足を招き、それが要因となって血液が不足し、頭痛が起こってしまう場合もありますね。

 

頭痛のメカニズムについては以上のようなケースが考えられます。頭痛のメカニズムを知っておくことによって対処法もおのずとわかってきますから、知っておいて損はないと思いますよ。